あなたが憧れていた女優や、羨望の目で見ていたモデルさんが、こっそり実践していた「シミ・しわ・たるみ」の治し方

サラダでできるシミ・しわ

「ランチにはサラダを食べるようにして、素肌をいたわってあげています。果物やサラダを食くるとシミができないというのは、もはや常識ですよね」「ランチにはサラダを食べるようにして、素肌をいたわってあげています。果物やサラダを食くるとシミができないというのは、もはや常識ですよね」 若い女性のなかには、自信満々にこう語る人がいます。それにしても、いつのまに、こんな迷信が定着してしまったのでしょう。 彼女たちの話に共通するのは、ビタミンC神話です。 医学的にみて、ビタミンCを大量に摂れば素肌によいことは事実なのですが、いくらランチタィムにがんばって食べたところで、その摂取量はたかが知れています。シミを防止するにはほど遠く、いったんシミになった肌を治すなんて、どだい無理な話です。「でも、肌をキレイにする薬にはならなくても、ダイエットには役立つでしょう? やせるには、やっぱりサラダ+果物よ」 という反論もあるでしょう。 脅すわけではないのですが、サラダによっては、肌の薬にならないどころか、害になることもあります。最近の美容医学界でも、「サラダによって引き起こされるシミ」が注目されているのです。 たとえば、サラダに入っているものとして、パセリ、レモンがあります。セロリ、アカザなどもよく使われる食材です。サラダではありませんが、すき焼きや鍋物には欠かせない春菊も、なんとなく体によさそうな野菜です。いかにもビタミンたっぷりで、ダイエット+美肌に効果があるように見えますね。 しかし、このような香りの強いセリ科の野菜を食べ続けていると、体の中で紫外線に反応しやすい物質を作り出します。この物質が蓄積されると、少しの紫外線にもシミができやすい体質になってしまうのです。 紫外線だけでなく、化粧品、排気ガス、洗顔料などのちょっとした刺激に対しても、過敏症になり、日に焼けなくてもシミを作りやすい肌質になります。このところ、顔全体にシミが目立ちはじめた人は、サラダだけに偏った食生活を疑ってみる必要がありそうです。 そもそも、人間の体を構成している主成分はタンパク質。肉、魚、大豆食品、穀類に含まれているタンパク質をバランスよく摂取しないと、皮層のもとになるタンパク質成分が不足気味になり、肌が荒れてたるんできます。 サラダ党を自認する人は、とかくタンパク質の摂取がおろそかになりがちなので、ますますシミ・しわ・たるみのトリプルパンチを受けやすくなります。 しっとりとうるおい、指で押したときにプルルンと弾力のある素肌は、やはりバランスのとれた食事から。「私はサラダ派」なんて、得意げになっていると、老化への道まつしぐらですよ。

ニンジンを使うと、せっかくの野菜ジュースも効果なし

本来、野菜のビタミンやミネラルは、体のはたらきをスムーズにしてくれます。本来、野菜のビタミンやミネラルは、体のはたらきをスムーズにしてくれます。いくらシミになるからといって、野菜自体をやめてしまうのは、あまりにも極端です。 まずは、セリ科の野菜の摂りすぎに気をつけること。そしてもうひとつ、野菜の組み合わせにも注意してほしいのです。 そのひとつの例が、お節料理や懐石料理などに登場する「紅白なます」。ダイコンとニンジンを千切りにし、甘酢であえた料理です。ダイコンにはビタミンCがたっぷり含まれていますし、適度な酸味と辛味が食欲をそそります。 ところが、ビタミン豊富なダイコンも、ニンジンと組み合わせたせいで、せっかくの栄養価を発揮できなくなってしまいます。それというのも、ニンジンに含まれるアスコルピナーゼという酵素には、ビタミンCを破壊してしまう作用があるからです。 ビタミンCがたっぷり含まれている野菜ジュースも、これとまったく同じことがいえます。 たとえば、オレンジとニンジンを混ぜて、いかにもヘルシーなジュースを作ったとしても、オレンジのビタミンCは壊れてしまいます。青汁とニンジンを混ぜたジュース、レモン汁とニンンジンを混ぜたジュース……。どれも、ニンジンの酵素のせいで、シミ防止効果は失われてしまっています。シミ対策としてビタミンCの多い野菜ジュースを飲むなら、ニンジンといっしょにしないこと。ニンジンを食べるときには、野菜ジュースを摂ってから、ある程度時間をおく必要があります。

自分でケアする治す,研究する シミ・シワ研究サイト メニュー