あなたが憧れていた女優や、羨望の目で見ていたモデルさんが、こっそり実践していた「シミ・しわ・たるみ」の治し方

肌の老化は18歳から始まる

「25歳はお肌の曲がり角」というキャッチフレーズがありますが、これはどういう意味かわかりますか?「25歳はお肌の曲がり角」というキャッチフレーズがありますが、これはどういう意味かわかりますか?
 言葉どおりに解釈すれば、25歳までは素肌の成長期で、それを境に衰えていくというふうに取れますよね。でも、その解釈はまちがっています。
 人間の成長というのは、第一次成長期、第二次成長期とに分かれ、すべての成長が止まるのはほぼ18歳です。
 年をとっても多少は鍛えることができる筋肉でも、生物学的なピークは加歳以下です。野球やサッカーのように駆け引きが必要なスポーツなら、25歳になってさらに上達することは可能かもしれません。でも、水泳や陸上のように、ある意味で純粋に体力のみを競うスポーツ選手の場合、筋肉として頂点をきわめる年齢は加歳以下なのです。
 鍛えればそれなりに能力がアップする筋肉でさえ、成長が止まるのが18歳なのですから、鍛えることのできない肌が、どうして25歳まで右肩上がりに成長できるでしょうか?
体の成長が止まる18歳は、肌の成長がストップする時期でもあります。その意味で、肌の曲がり角は25歳どころじゃないです。18歳こそが、お肌の行き止まり地点なのです。ましてや、最近の少女たちは生活環境が欧米化したせいで、昔の日本人よりも早熟です。早く成長すれば早く衰えるのは自然の摂理…。そう考えると、彼女たちの肌のピークは、17歳ないし16歳という可能性もあります。

素肌は25歳から老人の仲間入りをする

シミ・しわ・たるみは老化現象ですと言われても、ピンとこないかもしれませんシミ・しわ・たるみは老化現象ですと言われても、ピンとこないかもしれません。今、現在進行形として肌の衰えを痛感していない(または、気がついていない)人にしてみれば、「老化現象なんて大げさな言葉で脅かしたりして、イジワルなんだから」と感じら れるのでは? でも、25歳を過ぎたれば誰もが老人の仲間入りです。
若さを誇っている20代の間にも、すでに肌は老い始めています。「今はまだ平気」と思い込んでいる人にも、その事をわかってほしいのです。 おそらく注意深い方なら、心当たりがあるはずです。 「そう言われてみると、18歳までは肌もツルッルして弾力があったし、キメも細やかだった。でも成人式の頃には肌のハリも前ほどじゃなくなって、色っやも悪くなってきたみたい」 「コギャルをやってた頃は、夏に思い切りガングロにしても、9月には色もとれて、白肌になった。なのに、このごろはちょっと日焼けしても、いつまでも色が残ってしまう。肌もカサつき気味だし……」 現役のギャルたちは「女子大生はババア、OLは化石」などという暴言を吐いています。どういう意味で言っているかを別にしても、こと素肌に関するかぎり、一面の真実を表していると言わなければなりません。
ホントのところ、シミ・しわ・たるみのトリオは、思っているよりもずっと早くから、あなたの素肌に居座ろうとしているのです。18歳を過ぎても日焼けサロンなんて、考えるだけでも恐ろしいことなのです。

自分でケアする治す,研究する シミ・シワ研究サイト メニュー